情報収集と準備

転職活動を始める時にまず初めに転職先の情報を集めることになります。例えば今までの仕事が単調でつまらないと思う人はやりがいのある仕事内容を重視して探すことになりますが、その他にも通勤時間に無理がないかどうか、自分の希望する給料に合うかを見ることになります。あまり理想を追いすぎると現実とのギャップが生まれ転職をしたくても中々うまくいかないことになるので、すり合わせることも必要となります。

転職先の条件で気に入ったものが見つかれば応募書類の作成を始めます。応募書類作成にあったて大事なのは志望動機や自己PRが分かりやすく伝わるように書くことです。企業宛てに自分を書類でみてもらうということでもあるのできっちり丁寧に書きましょう。せっかく持っているスキルや経歴が立派でも、不備があったり乱雑な書き方では受かる書類審査も落ちてしまいます。

書類審査が通れば面接が待っています。面接官へ今度は顔を合わせて自己PRをすることとなりますが緊張のしすぎも良くありません。見られている部分は社会人としての基本的なマナーや受け答えの内容になってくるので面接での質問事項や流れを面接日よりも事前にシミュレーションをしておくと面接に臨みやすくなります。